スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

○○ハンター? 5/1 中篇

(5/1撮影・5/8執筆)


160501011.jpg


優姫「つめたーい でも、きもちいー♪」


 と云う訳で、5/1分の続きなのです。


160501013.jpg160501012.jpg



優姫「さぁーてっと」


げる「ちょ おまっ なにしてんの?Σ(・ω・ノ)ノ!」







※ 以下、たたみます。

  着替え・下着姿を含みます。

  苦手な方は回れ右です。


  バッチこーいの方は『続きを読む』からお願いします。









160501014.jpg


優姫「だって ぬれたふく冷たいから
  ぬがないと カゼひいじゃうよ?」



げる「そりゃそうだけど 水着とかないじゃん?」


優姫「このお天気と風なら すぐかわくよ~」


160501015.jpg


げる「 ...うっ (/// 」










160501016.jpg


優姫「よしっ これで だいじょーぶ♪」


げる「 だいじょばないっ!

  それ、ぜんっぜん大丈夫じゃないからっ!! >< 」










■ ◇ ■ ◇ ■ ◇ ■ ◇ ■












160501017.jpg


優姫「 おとーさんの言うとーり 上も...ぬいでみたよ? 」


160501018.jpg


優姫「 けど、ホントに このほうがいいの?
  はずかしいよ(/// 」



160501020.jpg


げる「本当だよ。さっきの濡れたブラウスだけを着てる方が、
  『濡れ透け』やら『ちょろ見え』やらで、おぢさん心に響いて
  しまってヤバいんだからっ!>< 」


160501019.jpg


優姫「そーいうものなの?」


げる「そう言うモノなのっ!」


160501021.jpg


優姫「よくわかんないけど
  おぢさんたちも たいへんなんだねーwww」



 大変なんだよ...この衝動を抑えるのが ね><


げる「それに、ぶっちゃけ水着と変わらないだろ?
  ものによっては、もっとエグい水着だってあるしな~」


優姫「うん それもそーだね♪」


160501022.jpg


げる「あと、その恥ずかしそうな仕草もやめちゃおう
  堂々としてた方が、さらにエチくなくなるぞ♪」


優姫「そうかな?」


げる「父の言葉を信じなさい ( ー`дー´)キリッ
  強そうなポーズでもしてごらん?」


優姫「...つよそーな?」








160501025.jpg

160501023.jpg


優姫「こ こんなかんじかな?」


げる「そうそう ほら、エッチくなくなったぞwww
  あと、なんか威勢の良い掛け声でも出してみたら完璧だ」


優姫「かけごえ...
  よーし やってみる 」










160501024.jpg



優姫「 まちょ~~~んっ!! 」






げる「その掛け声は...
  聞いたことがある。修羅の国に住む『うさまっちょ』なる一族が
  荒ぶる魂を表現するための叫びだと」







優姫「 にょほほほほ~っ!! 」




160501026.jpg

優姫「 まちょーん 」

160501027.jpg

優姫「 まちょーん 」

160501028.jpg

優姫「 まちょーん 」







 あ~あ あのまま走って行っちゃった

 なんか妙に気に入っちゃったのかな?(^_^;















げる「さて、紗姫はどうだ?
  いっしょに水遊びするかい?」


160501030.jpg


紗姫「 しないわよっ! 」








To Be Continued



にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ パラボへ






スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:サブカル

  1. 2016/05/01(日) 15:00:00|
  2. 優姫(開眼姫)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<それぞれの愛の形 5/1 後篇 | ホーム | 初夏の訪れ 5/1 前篇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otohsantomusume.blog.fc2.com/tb.php/646-d2cef49d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。