スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自由な色で描いてみよう♪

(3/23撮影・4/27執筆)


160323101.jpg


 引き続き 聖里歌さん推し です♪(*´∇`*)

 前回のドルポでの撮影の後、今度は横浜SRに移動しました。





160323107.jpg


 横某の撮影ブースが3月の初め頃に変更になったのですが、
右はともかく左が難しくそうで... 額縁がモチーフになって
いまして、大小のがぶら下がっているのです。

 ついつい回避して右ばかりを使って来ていたのですが...








※ 以下、たたみます。『続きを読む』からお願いします。








160323102.jpg


聖里歌「難しそうだから使わないんだ
  あんたって、意外と弱気なんだね(。・m・)クスクス 」



げる「なんだよ それ...
  挑発してんの?」


聖里歌「別にそんなんじゃないけどぉ
  お利口さんなのは悪いことじゃないしね」




 (  ̄っ ̄)ムゥ

 そんな風に言われたら 黙ってられないでしょ?

 やってやろうじゃんっ!!








160323105.jpg

160323106.jpg

160323104.jpg



 どやっ! ( ̄^ ̄)


 複数のフレームを前後に重ねて、かつ、角度をズラして行く
ことで、合わせ鏡を覗いてるみたいな異世界への入口みたいな
雰囲気をイメージしてみました。

 また、壁面に貼られてる花の写真がナマっぽ過ぎると感じた
のと、フレームそのものも本物でなくハレパネで安っぽいのを
誤魔化すために彩度を落としてローキーにすることで相乗効果
を狙っています。

 どうかしら?

 自分的には、わりと思い描いた感じに撮れたかと♪



160323109.jpg


聖里歌「...40点てところ?」


げる「うっ 意外と辛いのねΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン」


聖里歌「工夫は買ってあげても良いんだけどね」


げる「なら、何が減点要素なのよ?><」


聖里歌「全体の雰囲気は悪くないけど
  この衣装が合ってない
  ドレス系の方が良かったんじゃない?」



げる「うっ たしかに
  でも、現場で考えながらだったから
  他の衣装は持って来てなかったし」


聖里歌「行き当たりばったりなんだねwww
  まぁ、それはしょうがないとしても...」



げる「えっ 他にもダメだし要素が?( ̄□||||!!」


160323108.jpg


聖里歌「これって あんたの写真じゃないよ」


げる「...へ?( ・◇・)? 」


聖里歌「だって いつも言ってるよね?

  『自分はドールのいる風景を撮りたいんじゃない
   ドールの可愛らしさ・美しさ それを表現したいから
   撮るんだ』


  ってさ」




げる「 あ...」


聖里歌「今回のは違うかなって思う
  自分で言っちゃ何だけど、あたしの魅力を引き出そうって画に
  なってないよね?

  だからダメだししておくよ」





 ...orz




聖里歌「 あたしね 」



160323103.jpg


聖里歌「 あたし あんたの写真きらいじゃないよ
  普段どおりに撮ればいいじゃんか 」



げる「そ そか
  ありがとな (〃´・ω・`)ゞエヘヘッ♪」


聖里歌「 あ、あたしは別に

  いいか 勘違いするなよ

  好きだなんて言ってないんだからなっ!

  きらいじゃないって それだけだから (/// 」







 自分のスタイル 大事ですね

 他の誰かの真似をしても仕方ないですし

 ゴーインにマイウェイですわ゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)oチゲーヨ






にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ






スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:サブカル

  1. 2016/03/23(水) 20:00:00|
  2. 聖里歌(SDM-24コーディネート)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三回目の春に | ホーム | 素顔>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otohsantomusume.blog.fc2.com/tb.php/632-289044fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。