スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

心の在り処

 日ごろからウェットな私ですが、今日は更にイタイです。
 ドール者であってもドライ派の方には読まれないことをお勧めいたします。



 皆さんは、ドールと会話されますか?
 私はします。



 もちろん、口から声を発する訳ではありませんが、『目は口ほどにものを
言い』とも言われますように、彼女達は、その瞳で色々と語りかけて来ます。

 もっとも、全員じゃないですけどね。
 うちの子たちのなかでは、双子姫たちとうさこが良くしゃべります。



 それって、単に登場回数の多い子じゃん。
 キャラ設定がアンタの中で出来てるから、そんな気がするだけじゃないの?



 そうかも知れません。
 否定は出来ない。



 でも、日本には昔から『付喪神(つくもがみ)』信仰があって、長い年月
を経て古くなったり、長く生きた依り代(道具や生き物や自然の物)には、
神や霊魂などが宿るといわれて来ました。
 『つくも』は『九十九』とも書き、『あらゆるもの』を表します。



 私の場合には、ドールだけじゃなく、バイクや車にも心があるように感じる
ことがあります。かまってあげた日は調子よく拭け上がったり、放って置いたり
浮気をすると拗ねたり。

 これも、手を掛ければ調子がいいのは当然だし、心が離れてしまえば、手を
掛けなくなり、こまかい変調にも気づかず、結果、調子が悪くなるのだと、
理詰めで説明する方もおいでです。

 確かに、それが真実なのかもしれません。



 だけど、そう考えたらつまらないじゃない?

 愛情を注いで、手を掛けて、一緒に時を重ねれば、科学的には生物の範疇に
入らない『モノ』でも、生命はなくとも『魂』が宿ると考えた方が、ずっと豊かな
気持ちになれると思うのです。





 さて、すっかり前置きが長くなりました。

 今日は、はじめてのセルフメイクの1/3子を、ようやくお披露目させて
戴くつもりでした。
 そのモチーフがアレなので、のっけから変な薀蓄を騙ってしまいました。

13041701.jpg

 私がヒトガタを愛でる以上、いつかは触れることになると思ってはいた
のですが...こんなに早くその日が訪れるとは思いませんでしたw

 先のHTD大阪7のアフターで、制服セット(MDD用)を入手した
もので、つい。

 来栖川重工のHM-12開眼姫ベースのカスタム子です。
 等身のバランスが、MDDよりも好きなんでよね。

 パラボ40は、オビツ50を詰めたものなので、身長の割りに骨格が
しっかりしているためにMDD服は入らないものもあると聞いていたから
不安もありましたが、ギリギリ入りました。

 アイはVOLKSで買った委託品です。
 深い緑のグラデーションがお気に入り。
 アイホールを上下に拡張して、22mmを入れました。




?「初期設定を始めます。
 本メイドロボの識別呼称を登録してください。」


 彼女の名前は付けません。あまりに深くリスペクトしているので、似て
非なるものを彼女の名前では呼びたくないのです。
 メイクも、関係画像等は一切見ずにフリーで描きました。
 コスチュームと緑髪の力は偉大です。なんとなく、それっぽく見える。

「君の名前は、心優(みゆ)だ。」

ミユ「承知いたしました。『心優(みゆ)』でデフォルト名を上書きします。
 よろしいですね?」


「ああ、実行してくれ。」

ミユ「続いてマスターの呼称を設定してください。」

 マスターは勘弁だな。
 しかし、メイドロボに父親として呼ばせるのもなぁ...

「それじゃ、名前にするか。
 『げる』と呼んでくれ。」

ミユ「当機体のユーザー名は『げる』様でよろしいですね?」

「『様』は止めて。」

ミユ「それでは、『げるさん』とおよび致します。」

13041702.jpg

ミユ「ところで、パッケージに同梱されている付属品が全て揃っているか、
 確認はお済みでしょうか?
 音声センサーがセットされていないのですが...?」


「あぁ~、ロボ耳のことか?」

13041703.jpg

ミユ「あぁ、ございましたか。
 製品の出荷には細心の注意が払われているのですが、それでも稀に欠品や
初期不良がないわけではございませんので、もしやと。」


「けど、それ付けなくて良いから?」

ミユ「げるさん、仰る意味が良く分かりません。
 こちらは標準装備品ですので、それでは設計性能を発揮することが出来ません。」


「そう言ったって、センサーを付けても普通の人間並みの聴力しかないだろ?
 外したって、大差ないのも知ってる。」

ミユ「その通りです。
 非公開の仕様なのに、良くご存知ですね。」


「まぁ...な

 とにかく、それは付けなくて良いから。」

13041704.jpg

ミユ「それでは、初期登録も済みましたので、活動を開始します。
 何から致しましょうか?
 ご用件をお申し付け下さい。」


「あぁ~、何もしなくて良い。」

13041705.jpg

ミユ「今は、特に御用が無いということでしょうか?
 でしたら、パワーセーブモードで待機いたします。」


「そうじゃなくて。
 俺は、心優をホームメイドとして使うためにお迎えした訳じゃないから。
 家事を手伝ってくれるならありがたいけど、それを当然として命令するつもりは無いから。」

ミユ「仰る意味を理解いたしかねます。
 メイドとしてではないなら、どのような用途で...あっ」


13041706.jpg

ミユ「データバンクに該当事例がございました。
 申し訳ございません、当機体にはご要望の機能は搭載されておりません。
 先行開発型のHMX-12には備えられていたのですが、量産にあたって
省かれております。」


「いやいやいや、待てっ!
 何が検索にヒットした?

 そうじゃないから。
 そんなこと求めてないからっ!」

13041707.jpg

ミユ「はぁ...それでは、げるさんは私に何をお求めなのでしょうか?」

「ロボットは夢を見るのか知りたい。

 心の在り処は、いったいドコなのか?

 ヒトの感情がシナプス間の電気信号であるというのなら、アミノ酸とシリコン
の違いがあったって、機械にだって心が宿ったって良いじゃないか。」

13041708.jpg

ミユ「もしや、げるさんは姉を...先行開発機体のHMX-12をご存知
 なのですか?」


「ああ。

 もう15年になるかな。
 初めて(プレイしたエロゲの初シナリオ)だったんだ。
 ずっと忘れられずにいる。」

13041709.jpg

ミユ「HM-12の量産にあたっては、コンセプトが大きく変更となり
 先行開発時の『心』を搭載するというテーマはオミットされています。
 おなじ『12』を関していても、全く性質が異なるモデルです。

 私では、げるさんのご期待に添うことは出来ないかと...」


「そんなことないさ。」



 時を重ねて愛情を注いで行けば、どんなものにだって心が通い魂が宿る。
 俺は、そう信じてるんだ。

 そう考えた方が素敵じゃないか?



にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/04/18(木) 01:21:03|
  2. HM-12A 心優(開眼姫セルフメイク)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<有意義な時間の過ごし方 | ホーム | 小さなうさこの大きな世界 2/2>>

コメント

懐かしい~マルチですよね。緑髪に緑色の瞳と、しっかりツボを押さえたところは、さすがですね。可愛いです。

自分もカスタムメイクしてみるかな?
  1. 2013/04/18(木) 08:02:54 |
  2. URL |
  3. てぃか #-
  4. [ 編集 ]

マルチちゃん(^^ 自分もリアルタイムでした。そしてうちにも20年近く忘れられない娘が
います。同じくウェットなほうなので 最近、機嫌の良し悪しが感じ取れるように(^^;
愛でれば何物にも魂は宿るその考え好きです。
  1. 2013/04/19(金) 23:22:22 |
  2. URL |
  3. 南井 猶倖 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otohsantomusume.blog.fc2.com/tb.php/41-941d8d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。