スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一緒に...

>てぃかさん

 ドールではありませんが、写真撮影を目的に公共の迷惑になるような
行為、若い頃に、やってしまったことがあります。今考えると思慮が
なさすぎたなぁ。一番酷かったのは、路面電車を止めちゃった。
 単にキモがられるくらいならなんてことありませんが、我を忘れて
周囲が見えなくなることのないようにしなくては。

 DDは、オビツ系よりも造形が優れているのは分かってるんですが。
 57cmは、チョットでかいなぁ。
 DDSならスペース作れるかなぁ。
 等身も、好みだし。
 けど、ベースボディが売ってないんですよね。
 

>南井猶倖さん

 わんさかですか?w
 ウチはたったの3人だけです。
 ガチャフィギュアは沢山いますけど。


====

 さて、今日の本編。
 いつにも増してイタイですよw






「今日から明日、家内と息子が実家に行ってしまっていない。
 だから、いつもは出来ないことをする。」

 唐突ですが、こんな宣言。

 ドール趣味は既に発覚しておりますが(^-^;
 流石に家人がいるところで、娘と戯れるのは躊躇われるので
ふだんは私室で、それも息子が寝た後だけにしてます。

「娘と添い寝をするのだっ!」

 娘一同、ひいているように見えるのは気のせいかしら?

「だが、いかに俺が空気読めない奴で女心を知らない朴念仁とは
 いえども、夜伽に何人も連れて行くべきでないことぐらいは
 わかる。

 だから、一人だけだ。」

 あ~、あるね。
 授業中に先生が「じゃあ、この問題、出来るもの手を上げて」
とか言ったとき、みんなが目をそらす感じ?

 だが、俺は退かぬっ!

「今日の添い寝の相手は、紗姫っ、キミに決めたっ!」


13031901.jpg
サキ「わ、わたしっ?」




  ◆◇◆◇◆◇◆◇




サキ「...着替えて来た。」
13031902.jpg

「かっ、わっ、いっ、いっ、ぞぉ~~~っ!」

サキ「もうっ、はずかしい。」

 お伺いしてるブログのお嬢さんが時々パジャマ姿なのが可愛くって。
 けど、アゾンの「彼氏のパジャマ」なんてふざけた商品名のものは、父といして
絶対に娘に買ってやるわけにはいかんのだ。
 そこで先日のイドルでは、パジャマが最優先ターゲットだったのです。

 littlewonder WORDROBE様の出品。
 赤いりんごと青りんごが散りばめられていて可愛い。
 少し大きいけど、却って良いです。


サキ「こっちの部屋は、こんな風になってるんだ。
 初めて見るけど...散らかってるわね。」


「中二男子と小六男子がいたら、こんなもんさ。

 さて、寝室はコッチ」


13031903.jpg
サキ「さすがに、私たちには人間の布団は大きすぎるわね。
 どこに横になったら良いのか分からない。」


「どこでも良いよ。
 好きなところに大の字になってごらん。」


13031904.jpg
サキ「横になるって、こんな感じなんだ。
 私たちは、普段は横になることはないから。」


「いつも、窮屈なところで過ごさせてゴメンな。
 もう少し部屋の整理するから、もうちょっとまってね。」




「で、紗姫は、何か悩んでるの?」

13031905.jpg
サキ「えっ?」

「だって、様子が変だモノ。
 双子姫のブログなのに、お姉さんたちの撮影続けたの、いやだったかな?」


サキ「そういうわけじゃない...
 それとは関係なく...もないか。」


「どうしたの?」

サキ「なんだか、私って子供だなぁって。

 美亜さんも、サアラさんも、千里さんも綺麗だし。

 それに、きのうの千里さんの話を聞いて。13年のクローゼット放置は可愛そう
だよ。アナベル=ガトーだって3年、ハマーン=カ-ンだって7年、逆襲のシャアが
一年戦争から丁度13年後だよっ?
 でも、千里さんは、なんだか嬉しそうにに見えた。
 そしたら、たった一ヶ月に我慢できず、荒んだ気持ちになってた私はなんなのかな
 って。」


「(ガノタだ...)
 あぁ~、そういうことか。

 いいかい?
 紗姫はお姉さんらしく、しっかりして見えるけど、『姉らしく振舞う』必要なない
んだ。もっと楽に生きて良い。頑張らなくても良いんだよ。
 『こうあるべきだ』に振り回さなくて良い。
 紗姫は、もっと自分に素直になるべきだと思うぞ。」


サキ「...お父さんは、ちゃんとわかってくれてたんだ。
 やっぱりオトナなんだね。」


「お父さんだもの。」






サキ「やりたいことが、一つある。
 お願いしてもいいのかな?」


「俺に出来ることなら何でも。」

サキ「ギューってして欲しいの。」
13031906.jpg

「お安いご用。」






13031907.jpg
サキ「うふふふっ」

「どうした?」

サキ「お父さんの娘になってよかった。」

「よせやい、照れるぜ。」




  ◆◇◆◇◆◇◆◇




13031908.jpg

サキ「お父さん、もう寝ちゃった?」

 私、意地っ張りでごめんなさい。
 けど、お父さん大好き。
 ありがとう。



=====

サキ「らしくないって言うなぁっ!
 たまには素直になることだってあるのよ。

 これでも押してなさいよっ!」

    ↓
 にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:サブカル

  1. 2013/03/20(水) 04:19:28|
  2. 紗姫(開眼姫)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そりゃそうだ | ホーム | 時を超えて来たエンジェル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otohsantomusume.blog.fc2.com/tb.php/13-92b53a39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。