スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タムロン 17-50mm f2.8 修理記録

(2015/2/4施工&撮影・16/3/9執筆)


 おかしいなぁ、これもダブって書いちゃいました。
 一年たつと記憶も曖昧になるものです。

 奇しくも、2/3・4と連続した日付のが重複したのが面白
かったり(^_^; 削除しようかと思いましたが、ネタとして
残して置きますwww



■ ◇ ■ ◇ ■ ◇ ■ ◇ ■ ◇ ■ ◇ ■




 自分用の覚書ですが、もしも同様の症状にお悩みの方が
いらしたら、ご参考になれば幸い。

※ 自己責任でヨロシクです!!
  模倣して行ったいかなる行為の損害も
  当ブログ主は補償致しかねます



150204001.jpg


 タイトルにもある、タムロンの 17-50mm f2.8 (形式No.A16)

 自分が買った二年半前で、26k円くらいでコストパフォーマンス
に優れたレンズ
です。もちろん、上を見ればキリがないのですが
常用レンズにあんまり高級なのを採用しても、思い切って使い
倒せないですしね(^_^;

 ちな、APS-C専用で、換算25-75となります。
 ドールさんの野外撮影なら、殆どがコレ一本で済んで
しまいます♪




 購入から1年半ほどたって、何となく違和感を覚えました。
 最初はフィルターが緩んだのかと思ったのですが…

 よく見たら


 前玉がグラついています!
 シフトレンズになっちまった?!


↑↑↑記憶だけで書いたら嘘でした。昨年、リアルタイムで
     書いたのをみると、枠がカタカタ言うだけで前玉は
     グラついてなかった様ですねぇ。ほんと、いい加減↑↑↑



 上記のとおりに安いレンズなので、メーカーに有償修理に
だすのも勿体なく感じてしまい、ググったところ類例が幾つか
見つかったのでDIYしてみることにしました。




 レンズの前側にネジがあるのですが、それを締め込んで
やればいいのですが、C 型のカバーで覆われているので、
外してやる必要があります。


150204002.jpg


 画面右上の、切欠きの部分に...


150204003.jpg


 小さなサイズのマイナスドライバーを入れて抉ります。
 そうすると、カバーのリングが外れます。

(実際の作業では、前玉にカバーを掛ける等の保護を
 して、ウッカリ傷をつけないように注意します。)


150204004.jpg


 外せれば、あとは簡単です。
 3か所のネジを締め込んであげるだけ♪ヽ(=´▽`=)ノ


 すんだら、外したリングを嵌め込んで元に戻してお終いです。





にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ





スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:サブカル

  1. 2015/02/04(水) 23:00:00|
  2. アイテム紹介やDIYなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズを修理してみた タムロン17-50/2.8(A16)


 タムロン17-50/2.8(A16)

 実売で26K円くらいと、2,8通しとしては破格の安さ。
 それでいて、下手な単焦点レンズ顔負けの写りで、とても
コストパフォーマンスが高いので、うちでは常用しております。

 が、先日の菜の花の野撮以来… いや、前からおかしくて
気づいてなかっただけかも知れないけど、どうも様子がおか
しい。

 先端のフィルターやフードを取り付ける部分が緩んでるみたい
で、カタカタいうの。

20150204014826cea.jpg

 意図的に動かしてみても前玉は動かないみたいなので、多分
光学系には影響なさそうだけど。

 でも、気持ち悪い。



 ググってみたら、同じ症例がいくつか見つかった。

 修理に出すと1にーもくらいかかるらしい。
 実売1KGH以下のレンズの修理にその金額は…

 また二週間くらいかかるというのも、最も利用頻度の高いレンズ
なので、その間が厳しくなる。



 さらにググると、自分で修理した例も見つかった。
 ようっし。光学系に悪影響なさそうな部位だし、やってみよう。


<お約束>

 以下の記載をご覧いただいて、お手元のレンズの修理をされて
 上手くいかなかったとしても、筆者は一切の責を負いかねます。
 予めご承知おき願います。




 まずは、カバーを外します。

 メンテナンス用の切欠きがあるので、小さなマイナスドライバー
を差し込んで抉ってピンを外します。

20150204014858bb7.jpg


 くれぐれも、前玉を引っ掻いてしまわないように。


20150204014933005.jpg



 切欠きのあるところを外したら、120°ごとに、あと二か所が
止まっているので、てこの原理でカバーを持ち上げるように
外します。


 繰り返しですが、くれぐれも前玉を引っ掻いてしまわない
 ように。

 様子を見ながら、少しずつ行うこと。
 乱暴にすると、おそらくはプラ製と思われるカバーが割れて
 しまうかも。



 外れたら、三か所のねじを締めこみます。

20150204015014c22.jpg


 本来は精密ドライバーとか使うのかもしれませんが、家にあった
100均で売ってる家庭用ドライバーセットの一番小さいやつで十分
でした。

 三か所とも2回転くらい回りました。
 結構ゆるんでたのね。



 あとは外したカバーを嵌めるだけ。
 これがちょっと難しいですが、位置を決めて少しずつ押し込みます。



 以上、特殊な道具もいらず、作業後のレンズ清掃も含めて15分ほど
でした。



 ちょっとググっただけで幾つも症例が見つかるのって、どうよ?
 頻発するなら対策を講じて欲しいものです>タムロンさん




 とまれ、簡単に治ってよかった♪

 今回A16でしたが、タムロンの他のモデルでも、同様の症例・対処が
いくつか見かけました。光学系に関係するものは怖いですが、それ以外
なら、ダメもとでやって見るのも良いかも知れませんね。




テーマ:ドール - ジャンル:サブカル

  1. 2015/02/04(水) 22:00:00|
  2. アイテム紹介やDIYなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。